Profile
R.Iさん/20代 (女性)
過去のご経験
専門職
現在のお仕事
営業事務
雇用形態
派遣

常に明るく自然体で接してくれるR・Iさん。当時の希望条件は、残業少なめ、土日休み…そして何よりも大切だったのは
「人差し指でしかパソコンが打てなかった」彼女だからこそ、事務未経験歓迎の職場であること。

今では大手企業への就業が決まり、職場内の上司・先輩にも支えられ、公私ともに充実した時間を過ごされています。

転職をしようと思ったきっかけは?

当時は、動物の飼育員になりたくて専門学校に入学しました。結果としては「トリマー」というお仕事につきましたが、ボーナスや残業代もなく、大変な環境で…後悔はしていませんが、今後の私生活のことを考えた時に家族との時間をもっと大切にしたいなと思ったのが転職のきっかけでしたね。

派遣会社の「決め手」は何でしたか?

派遣登録は3社ほど行きました。他社さんからはテレオペやデータ入力の案内がありましたが、私の決め手はジンキャストのキャリアプランナーさん。「今はデータ入力の仕事でいいかも知れないけど、今後のことを考えた時、本当にそれでいいのか」ということを真剣に考えてくれて、業務内容にこだわった事務職の案内をしてくれたんです。

ジンキャストへの印象は?

就業開始前の話ですが…

入力はおろか「スタートボタン」しか分からなかった私に営業担当さんは「Excel研修」を個別で実施してくれました。今でも定期的に顔を出してくれていますが、その一生懸命さな態度にとても感謝しています。

転職をして、何か変化はありましたか?

帰りの時間が早いので、家族と一緒にご飯を食べられるようになりました。もちろん、プライベートの予定も充実しています!

座り仕事にはまだまだ慣れませんが、書類が完成した時の達成感はやりがいです。早くテキパキ仕事がこなせるようになりたいと思っています。

求職者へメッセージ

転職というのは、ほとんどの場合が「0」や「1」からのスタート。だからこそ、最低限の「やる気」は必要で、それ以上の「不安」や「悩み」が付きまとって当たり前のものだと思います。でも、せっかくだから「新しいことに挑戦できる!」というプラスの発想で、楽しんでほしいし、踏み出してほしいと思います。例えば数年後に結婚して、子供ができて…と考えた時…。

パートやフルタイムでまたお仕事を探すことがあれば「できることが多い・仕事が選べる」って私はいいなって思います。だからこそ「今がチャンス!」初めは誰だって勇気がいるけれど、どんな方法でも、どこでも働ける世の中だからこそ、チャレンジしてください!

Profile
E.Kさん/30代 (女性)
過去のご経験
事務職
現在のお仕事
一般事務
雇用形態
派遣

入社当時と変わらず、穏やかでやわらかい印象のE・Kさん。登録の時には、立派な事務経験を持ちながらも、
プランクが1年程度あき「何を基準に仕事を選べば良いのか分からなくなった…」と、漠然と悩んでいる様子でした。
今では「派遣社員」という働き方を選択したことで、心に「余裕」が持てるようになったと話します。

休職中の不安やお悩みはありましたか?

業務内容や会社の規模、勤務時間やお給料…

正直何を決め手にして仕事を選べばいいのか、そもそもどういう仕事が自分には良いのかなど。前の会社を辞めてから1年ほど期間も空いていたため「仕事が決まらなくてどうしよう!」というよりは「漠然とした不安」がありました。

派遣社員として働くことへの印象は?

まず正社員=安定みたいな、正直そんな気持ちがありました。でも、私には仕事のブランクがある分いきなり正社員で戻るよりも派遣というワンクッションを置いてから将来的に正社員を目指す道もありだなって思ったんです。実際に初めての登録面談がジンキャストでしたが面接みたいに固くなく、とても気さくで話しやすかったです。

土曜出勤に抵抗はありませんでしたか?

自分1人で求人を見ていたら受けなかった(笑)でも、登録面談の時にはその情報に加えて会社の雰囲気や具体的な業務フローも教えてくれたし、さらには職場見学で各フロアを実際に見ることができました。そこまでの情報があったからこそ総合判断もでき「行こう!」て決めることができたのかも知れません。

転職をして、何か変化はありましたか?

正社員で働いていた頃と比べると業務責任も考慮してくださっていますし、処理の量が多い時はチームで分担できる環境です。だからこそ定時にしっかり終われるし、「1人じゃない」ていう安心感があり、気持ちに余裕ができました。今後も仕事のミスがでないように着実に仕事を行なっていきたいです。

求職者へメッセージ

仕事のブランクを空けずに面接や面談に行くことは「有利」になるかもしれません。でも、気持ちの部分で「働こう!」という姿勢ができていないと、なかなか仕事って決めづらい……ただ、私はその期間に大好きな旅行にも行ったし、他にもやりたいことを沢山しました。だからこそ、焦りはあれど「よし!仕事しよう!」って前向きに思いながら、再スタートをきれたのだと思います。

…今だから言えるのかもしれませんが(笑)もしも同じ境遇の方がいるのであれば「納得のいくまで休む」ことも1つの選択。あとは周りの誰かに相談をして、自分の選択肢を増やすこと。そして最後には「とりあえずやってみよう!」という気持ちでいることが大切だと思います。

Profile
M.Kさん/20代 (男性)
過去のご経験
専門職
現在のお仕事
営業
雇用形態
派遣社員

金曜日のお仕事終わり。「○○さんお久しぶりです!」と、元気に声をかけてくれたM・Kさん。当時は「職人」として働いていたという
異色の経歴の持ち主です。
「人の顔と名前を覚えることが得意」という営業の彼は、取引先のお客様からも愛され、時々差し入れをもらうのだとか…。
今後は派遣先の社員として切り替わり、次なるステージでの活躍が望まれます。

なぜ、転職をしようと思ったのですか?

職人の仕事はすごく楽しかった。今でもそう思います。でも…そんな仕事を変えよう!って思ったのは大卒の友人達と「初任給」の話で盛りがった時。自分の手取りが想像以上に低いことを知って言葉がでないくらいびっくりしました!先のことを考えた時、初めてまずいなって思いましたね。

ジンキャストを知ったきっかけは?

たしか、別の仕事の応募から…ただその会社さんとはご縁がなく、その後に紹介を受けた今の会社で、営業として活躍させてもらっています。右も左もわからない転職活動だったので職場見学では、担当営業さんがほぼ話を進めてくれました。僕はただ、がんばります!という熱意一本でしたね。

営業は、どうでしたか?

今までの人生、敬語をまともに使った記憶もなければ、名刺の出し方、もらい方……全く知りませんでした。それなのにも関わらず当時の先輩は呆れず丁寧に、名刺交換の仕方を教えてくれました。その後も、業務上のトラブルや困り事は沢山ありましたがこれだけの経験をさせてくれる人と環境に本当に感謝しています。

今後の目標など、お聞かせください。

今では「後輩」もできました。入社当時の僕が上司・先輩に教えてもらったいわゆる「名言」みたいなものも、ちゃっかり使わせてもらっています!(ここでは言えませんが)かっこいいですよ(笑)いつか僕もそんな先輩達のように大きな企画をして、大きな売り上げを作りたいです。

求職者へメッセージ

僕は元々「水準を上げたい!」というのが転職のきっかけだったので、それはどこへ行ってもある程度叶うだろうと思っていました。でも、そんな世間知らずの僕にもずっと親身に対応してくれて、「この人達なら、全てを任せられる!」そう感じさせてくれたのがジンキャストでした。

もちろん、不安に思うこともあるだろうけど、考えすぎたら何もできない!勢いと、軽い気持ちで、やってみてほしい。派遣という立場だからこそ、就業先の社員さん・同僚だけでなく、担当営業さん、プランナーさんにも悩みを相談できるし、その分「心の余裕」が生まれて働きやすくなると思う。ちなみに僕は、ずっと「営業マン」をやりたいです。そして、毎日楽しく過ごしたいですね。

Profile
S.Wさん/20代 (女性)
過去のご経験
接客
現在のお仕事
経理事務
雇用形態
紹介予定派遣

友人の紹介からジンキャストを知り、登録に来てくれたS・Wさん。小柄な女性ながらも、その存在感や印象は強く、
誰に対しても謙虚で真面目な印象を受けました。将来のライフスタイルも意識した仕事探しだったからこそ、
紹介会社には様々なメリットを感じていた
とのこと。今では企業内経理として、資格取得も視野に業務に取り組んでいます。

当時のお仕事について、教えてください。

お仕事自体はとっても楽しかったのですが「残業時間」がなかなか減らなくて(笑)気づけば免疫力がグッと下がっていたし、将来的な転勤や結婚とかを考えたら「私は何歳まで働けるだろう…」って不安になりました。

ジンキャストに登録してみて、どうでしたか?

登録面談は、本当にいろんな質問に答えていただけたように思います。どのような採用条件が一般的か?みたいなところから…受けようと思っている会社の雰囲気・風土、どんな人がいて、どんなキャラクターで、どんな業務をしているのかなど…パンフレットやホームページだけでは分からないことを、1つ1つ丁寧に教えてくれました。

実際にお仕事をされてみて、
今はどのような心境ですか?

入社当初は業務内容を理解することだけでなく、一般的なビジネスマナーを覚えることも大変でした。でも、そこは周りの先輩方がしっかり支えてくれましたし、研修制度もばっちりで…帰りも定時で仕事が終わるので、体が休まって精神的にも安定したように思います。

今後の目標など、お聞かせください。

現在は任された業務を的確かつ余裕を持ってこなせることが”やりがい”です。ゆくゆくは資格の勉強もして、今よりももっと業務の幅を広げたいですね!加えて、ビジネスマナーや仕事のやり方、後輩の教育方法なども学んでいけたらと思っています。

求職者へメッセージ

これから初めて転職をしよう、仕事を探そうと思っている方がいれば、まずそのことをたくさん声に出してください。転職活動は1人だけど本当の1人ではありません。あなたを支えてくれる人や、力になってくれる人はきっといるはず……ジンキャストという会社もその1つ。

小さなことでもいいので、不安や悩みを口に出したり、気になる会社・仕事があったら話してみるのも大切だと思います。自分では気づかなかった点に気づかせてくれたり、知らなかった情報を与えてくれる時だってあります。そしてもしも次の道が決まった時には、新たな人生のスタートです。そこに向かって、全力で頑張ってください。

Profile
M.Nさん/30代 (女性)
過去のご経験
事務職
現在のお仕事
医療事務
雇用形態
派遣

人情に溢れた優しい人柄が印象的なM・Nさん。当時はママになって初めての転職活動だったからこそ、
勤務時間や距離といった条件に見合うお仕事先はなかなか見つからなかった
…とのこと。
今では人生初の医療業界へと飛び込み「ありがとう」という言葉や行動に支えられながら日々奮闘しています。

休職中の不安やお悩みはありましたか?

子どもが2歳だったので、周りのママ友からも「仕事探しは結構難しいよ」と聞かされていました。早く決めないと!という焦りもあったけど残業や通勤距離など…最終的に子どもに不憫な想いをさせるような仕事は嫌だった。だからこそ、他の紹介会社さんにも話を聞いていたし、自分でもいろいろ仕事を探しましたね。

ジンキャストに登録してみて、どうでしたか?

実際に応募したのは、ここだけ。登録面談では、そんなに緊張しないでくださいね〜とか気さくに声をかけてくれて、安心しました。その後の職場見学も、先輩にあたる方が「大丈夫だよ、できるよ!」と励ましてくれたからこそ未経験から医療業界に飛び込むことを決意できたように思います。

実際にお仕事をされてみて、
今はどのような心境ですか?

昔勤めていた事務職だったら「申し訳ありませんでした」「了解しました」とか謝ることのほうが多いけど、この仕事は毎日何回も「ありがとう」って言われる。毎分、毎秒いつも忙しいけど、やっぱりやりがいですね。お医者さんや看護師さんも、思っていたより人間味溢れる方ばかり!医療業界のイメージが変わりました。

今後の目標など、お聞かせください。

尊敬できる人に近づきたい。もう退職をしてしまった先輩ですが、その方はどんなに忙しくても焦らない。お医者さんにまで頼られている存在でした。私も少しずつではありますが、まずは「焦らない」ことを第一目標に、日々成長をしたいなと思っています。

求職者へメッセージ

「できない理由を探さないで。」これは私の所属する科の先生の言葉です。私なりに言い足すのなら「子どもがいることや、スキルがないことを理由に、転職・就職できないって言わないで。」ですかね(笑)私自身も医療業界への転職は初めてで、勝負できるものは「人柄」だけでした。つまり、何か足りないものがあれば、それをカバーできるものが何かしらあるはず!と前向きに思って、まずは探して欲しい。せっかくだから、今までの経験に自信を持ってアピールするほうが良いと思います。

どんなお仕事も長く働くことで、いろんな見え方や立場も変わり、分かるものが増えてくる。それなりの専門知識も身につくと思うんですよね。だからこそ「大変だなー」と思う環境でもすぐに辞めないで、頑張ってほしいですね。

Profile
S.Tさん/40代 (女性)
過去のご経験
事務職
現在のお仕事
学校事務
雇用形態
派遣

とてもやわらかい雰囲気をお持ちのS・Tさん。ご自身の力だけでお仕事を探す難しさを実感されているさなか、
ジンキャストの求人と出会いご登録いただきました。当時の希望条件は、小さな子どもの生活に合わせた働き方ができるかどうか。
その後、教育機関内での事務のお仕事が決まり今では充実したワークライフバランスを過ごされています。

休職中の不安やお悩みはありましたか?

当時はいろんな求人を見ていました。でも、自分で探そうと思うと結構難しいんですよ。求人票の文字だけじゃ職場環境は想像できないし、ハローワークの受付の方も親切だけど、会社のことまでは詳しく分かっていない…当時は家庭環境や年齢を考慮したリクルートだったからこそ様々なことが不安でした。

ジンキャストに登録してみて、どうでしたか?

結局、電話しちゃいました(笑)そこで、具体的な距離の部分、あとは年齢層とか…気にしていたところを親切に説明してもらいました。私がビックリしたことは、職場見学も、就業初日も営業担当さんが隣に付き添ってくれたことですかね。「本当に心強い !」って思いました。

実際にお仕事をされてみて、
今はどのような心境ですか?

仕事で困ったことは…ありません!

派遣社員さんってもっと孤立するのかな?て思っていたけど違いました!むしろ私を信じてお仕事を任せてもらえることが、今は本当に嬉しいです。もちろん、業務の丸投げとかではなく、責任の大きさは考慮して下さるので、帰宅時間もバッチリ!

今後の目標など、お聞かせください。

今の目標は、有給休暇を使って某アーティストのライブに行くことです(笑)いつも一緒に行くメンバーがいるんですよ。それまでは体調管理もしっかりして、お仕事に取り組みたいと思います。

求職者へメッセージ

多くの主婦(夫)の方って「子供に合わせた時間帯で働きたい」とか条件がいっぱいあるのに、それって「わがままなんじゃない?」って思ってあまり人に言えないんですよ。特に…自分で探して、自分だけで受けた面接の場とか…。でも派遣会社の場合だったら、登録段階でその“わがまま”を言える相手がいて、その希望や条件に合わせた仕事を探してくれるし、確認や交渉もしてくれる。就業前、就業後も”ワンクッション”置けるのってメリットだと思います。

応募の電話をしても「おいくつですか?」って切られちゃう…これは同年代の知人の話ですが、私も踏み出す勇気がなかった一人。今なら「なんでもっと早く…」って思います。

まずは「相談・登録」から始めてみませんか?

↓

成功への一歩を踏み出すチャンスです!

失敗しない就活 WEB登録はこちら
LINE無料相談 LINE無料相談 簡単2分WEB登録! 簡単2分WEB登録!
TOP